英語小論の通信教育とは|綺麗な字を書けるようになる通信講座|メディアでクローズアップ
男の人

綺麗な字を書けるようになる通信講座|メディアでクローズアップ

英語小論の通信教育とは

ウーマン

近年の大学や大学院入試で課せられることの多い試験の一つに、あるテーマに基づいて自分の主張を論理的に記述する小論文があります。学問研究において海外との連携が必須となっている今日では、小論文を英語で記述しないといけないケースも増えており、一人での対策が難しくなっています。このような状況に対応するため、通信教育で小論の添削サービスを提供している教育関連会社が増えています。添削サービスではただ英文の訂正を行うだけでなく、文章の構成が適切かどうかや主張に説得力があるかどうかなど、小論文試験の突破に必要な力を総合的に確かめてくれます。以上のように、英語の小論文試験には独特の難しさがある一方、プロの添削を気軽に受けられるようなサービスが提供されているという点で、通信教育による添削事業は人気です。

大学や大学院入試で行われる英語の小論文試験では、一つの社会・学問的なテーマについて述べるものと、自分の経験や実績について述べるものの2つがあります。前者は実際の試験日に制限時間内で記述して提出する形式が多い一方で、後者は前もって記述したうえで志願書類と同時に提出することがよくあります。このような2つの形式に対応するため、小論文の添削では様々な形式についての基礎を学んだあとに志望する学校に合わせた対策を行います。試験場で記述する形式ではテーマに関する豊富な知識が必要となるため、多くの問題をこなして的確な添削を受けるカリキュラムが組まれます。事前に自分の経歴を書くタイプの小論文対策では、実際に提出する小論文に近いテーマの問題を書いたうえで添削してもらい、学校への提出日までに返却されることが多いです。上述した通り、英語の小論文試験のあり方は主に2つありますが、教育会社が提供する添削サービスではそれぞれの形態に対応できるようになっています。